読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐らく続かない日記。

鍵盤弾き。楽器屋店員。大学生。続かない日記を書きます。

「愛」の本質に「嫉妬」は存在しないんじゃないかな

この数ヶ月、嫉妬への考え方が変わりまして、どう変わったのか覚書を残しておきたいと思います。



結論はタイトルまんまです。

嫉妬って無駄なものなんじゃないかな。そんなの今更だろって言われそうだけれども。

妬きもちやき、妬かせたがり、世の中そういう人たちたくさんいると思う。私もそうです。


でも嫉妬って無駄なエネルギーなんだよね、多分ね。少なくとも恋愛するのに不必要だと私は感じるようになった。

嫉妬は、所有欲から生まれるものであって、愛情から生まれるものではないと思う。

「好き」じゃなくても嫉妬はするし、「好き」でも嫉妬をしない関係だってある。


ポリアモリーの人の話を読んだのも、こういう考えを抱いた大きなきっかけ。

まあ根拠の薄い暴論かな。